クリニカ タナカの診療内容 皮膚外科

 . clinica  ..

 .. 皮膚外科. ..
 .. 皮膚腫瘍は待っていても消えません。長い年月をかけて大きくなるだけです。 小さいうちに手術すれば、麻酔も少しで、きずあとも小さくてすみますし、費用も大きいものを手術するより安くて済みます。また、皮膚腫瘍は悪性化(癌になる)の可能性もあるわけですから早めに相談していただくことをお勧めいたします。
.
院長は細かい手術を非常に得意としております。
小さな皮膚腫瘍・ほくろ、全身の体表のどこでも是非ご相談ください。
一般では採算の点から使用されないような細い糸、繊細な手術器具を用いて、細心の注意を払って、安全に、確実に、すばやく、そして美しく手術を行います。
.
県内では数少ない形成外科専門医の開業医ですので、皮膚科の先生から手術のためご紹介いただくことが多いです。
よほど大きなものでない限り、当院で手術可能です。
.
また、以前よりあるきずあとで気になるものがありましたらご相談ください。改善できる可能性がございます。
 ..
 ..
 .. 「デザイン」. ..
 .. 少しでもきずあとが目立たなくなるように、精密にデザインします。
この段階お客様に実際にデザインを見ていただいて、さらにご説明申し上げます。
 .. 「局所麻酔」. ..
 .. できるだけ痛みが少なくてすむように細心の注意を払って麻酔しています。
一般にはあまり納入されていない特別な極細の針でゆっくり注入します。
 ..
 .. 「縫合」. ..
 .. 形成外科ならではの特殊な縫合を特別な糸を使って、縫合します。
これにより初めて目立たない本当にきれいな傷が可能となります。
 ..
 ..  デザイン  局部麻酔  縫 合 ..
 ..デザイン 局部麻酔 縫合  ..


症例写真をご覧になる方は下の項目をクリックしてください。
..
  顔面皮膚腫瘍(ほくろ)症例写真  「症例1」  「症例2」  「症例3」
..
  顔面皮膚腫瘍レーザー治療症例写真  「症例1」
..
  眼瞼腫瘍症例写真  「症例1」
..
  背部皮膚腫瘍症例写真  「症例1」  「症例2」
..
  腹部皮膚腫瘍症例写真  「症例1」
 ..  ..
  診療内容のページに戻る


..